[記事公開日] 2017.10.30

さくらのVPSにMACのターミナルからSSH接続する方法

今回はMACのターミナルから、さくらのVPSにssh接続するための初期設定をご説明します。

さくらのVPSコントロールパネルにアクセスします。
コントロールパネルの右上「各種設定」の「OSインストール」から「標準OSインストール」を選択。
今回、インストールするOSは「CentOS x86_64」にします。

コントロールパネルの「>_コンソール」から「>_シリアルコンソール」を選択。
シリアルコンソールを立ち上げるとアップデートが始まりますので、全てのアップロードが完了後、OSインストール時に設定した新しい管理ユーザのパスワードでログインします。

aa1-234-56789.vs.sakura.ne.jp login : root
Password : (新しい管理ユーザで設定したパスワードを入力)

ログインできると下記の通り表示されます。

SAKURA Internet [Virtual Private Server SERVICE]

[root@aa1-234-56789 ~]#

VPSの日本語化

初期状態では、英語表示のみとなりますので、VPS応答時などの言語を日本語化します。

[root@aa1-234-56789 ~]# vi /etc/sysconfig/i18n

LANG=”C” の C の文字を削除し、 ja_JP.UTF-8 に変更します。
次に、ESCキーを押して編集モードを終了させ、 :wq を入力し、Enterキーを押して保存します。

LANG="ja_JP.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

一度、VPSを再起動します。

[root@aa1-234-56789 ~]# reboot

一般ユーザの作成

管理者でログインして、一般ユーザを作成します。今回はユーザ名をsakuraにします。

[root@aa1-234-56789 ~]# useradd sakura

次にパスワードを設定します。

[root@aa1-234-56789 ~]# passwd sakura

作成した一般ユーザを管理者グループ(Wheel)に追加します。

[root@aa1-234-56789 ~]# usermod -G wheel sakura

作成した一般ユーザが管理者グループに追加されたか確認します。

[root@aa1-234-56789 ~]# groups sakura
sakura : sakura wheel

管理者グループ(Wheel)がsudoコマンドを使用できるように設定します。

[root@aa1-234-56789 ~]# visudo

編集画面が開いたら下記箇所の#(コメントアウト)を削除します。

# %wheel        ALL=(ALL)       ALL

(↓行頭にある#を削除)

%wheel        ALL=(ALL)       ALL

設定を保存します。
これで管理者グループに追加されているユーザはsudoを使えるようになります。

さらに、管理者グループ(Wheel)だけがsuコマンドを使用できるように設定します。

[root@aa1-234-56789 ~]# vi /etc/pam.d/su
#auth           required        pam_wheel.so use_uid

(↓行頭にある#を削除)

auth           required        pam_wheel.so use_uid

設定を保存します。
これで管理者グループに追加されているユーザのみがsuコマンドを使えるようになります。

MACからSSH接続するために必要な鍵の設定

MACからSSH接続するために必要な鍵の設定を行います。
まずは、MAC側でターミナルを立ち上げて、下記の通り鍵を作成します。

$ ssh-keygen

MAC内の鍵を保存する場所と鍵のファイル名を聞かれます。
そのままでも大丈夫ですが、/Users/user-name/.sshのディレクトリに分かりやすいように”id_rsa_sakura_vps”という名前を付けて鍵を作成します。

Enter file in which to save the key (/Users/user-name/.ssh/id_rsa): /Users/user-name/.ssh/id_rsa_sakura_vps

パスフレーズを聞かれるので、入力します。パスフレーズは鍵を使用する時に設定しますので、複雑かつ忘れないものを設定してください。

Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again:

鍵が問題なく作成されているか確認します。

$ ls -al /Users/user-name/.ssh
-rw-------   1 user-name  staff  1766  1  3 07:20 id_rsa_sakura_vps
-rw-r--r--   1 user-name  staff   400  1  3 07:20 id_rsa_sakura_vps.pub

以上でMAC側での作業は終了です。

次に、MACで作成した鍵の公開鍵をVPSに登録します。
管理者ユーザではなく、先程作成した一般ユーザでログインしてください。
.sshディレクトリを作成します。

[sakura@aa1-234-56789 ~]$ mkdir .ssh

作成した.sshディレクトリの権限設定を変更します。

[sakura@aa1-234-56789 ~]$ chmod 700 .ssh

.sshディレクトリ内にauthorized_keysというファイルを作成します。

[sakura@aa1-234-56789 ~]$ vi .ssh/authorized_keys

authorized_keysの編集画面が表示されますので、先程MACで作成した公開鍵(id_rsa_sakura_vps.pub)の内容を貼り付けて保存します。
保存後、authorized_keysの権限設定を変更します。

[sakura@aa1-234-56789 ~]$ chmod 600 .ssh/authorized_keys

sshdの設定を変更する

sudoコマンドを使用してsshd_configの設定を変更します。

[sakura@aa1-234-56789 ~]$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config

sshでアクセスする際のポート番号を変更します。
今回は、55522というポート番号を設定してみます。

#Port 22

↓

Port 55522

管理者権限(root)でsshから直接接続できないようにします。

#PermitRootLogin yes

↓

PermitRootLogin no

鍵交換方式でログインする設定を行ったので、パスワード認証によるログインを禁止

PasswordAuthentication yes

↓

PasswordAuthentication no

変更した設定を適用するため、sshdを再起動します。

[sakura@aa1-234-56789 ~]$ sudo service sshd restart

以上でsshdの設定変更は完了です。

MACのターミナルからssh接続する

MACのターミナルから先程設定したポート番号を指定してVPSに接続をしてみます。

$ ssh sakura@VPSのIPアドレス -p 55522

接続しようとして、下記のようなエラーが発生しました。
このエラーは、先程設定したsshのポート番号を開放していないため発生します。

ssh: connect to host VPSのIPアドレス port 55522: Connection refused

先程設定したsshのポート番号を開放するため、VPSのコンソールに戻り、下記の通りiptablesの設定を変更していきます。

[sakura@aa1-234-56789 ~]$ sudo vi /etc/sysconfig/iptables

先程設定したsshのポート番号に変更。

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT

↓

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 55522 -j ACCEPT

変更した設定を適用するため、iptablesを再起動します。

[sakura@aa1-234-56789 ~]$ sudo /etc/rc.d/init.d/iptables restart

もう一度、MACのターミナルから先程設定したポート番号を指定してVPSに接続をしてみます。

$ ssh sakura@VPSのIPアドレス -p 55522

MACのターミナルで次の通り表示されればVPSへの接続成功です。

SAKURA Internet [Virtual Private Server SERVICE]

[sakura@aa1-234-56789 ~]#

以上でMACのターミナルから、さくらのVPSに接続して作業することができます。

記事カテゴリー:その他