WordPressのインストール

ブログやCMSとして利用できるWordPressをVPSサーバーにインストールします。
※事前にPHPの設定MySQLの設定を行ってください。

1.WordPress用のデータベースとユーザー作成

まず、MySQLの設定を参考にWordPress用のデータベースとユーザーを作成します。
MySQLにrootでログインしてください。

[root@ ~]# mysql -u root -p
Enter password:

mysql>

WordPress用のデータベースを作成します。
例として、データベース:wordpressDB 、ユーザー:sakura を作成します。
まずはデータベース:wordpressDBの作成。

mysql>CREATE DATABASE wordpressDB;

次に、ユーザー:sakuraを作成し、先ほど作成したデータベース:wordpressDBへの権限を付与します。
”ぱすわーど”部分に任意のパスワードを入力してください。

mysql> GRANT ALL ON wordpressDB.* TO sakura@localhost IDENTIFIED BY 'ぱすわーど';

以上で、MySQLのデータベースとユーザーの作成は完了です。
MySQLからログアウトしてください。

2.WordPressのインストール準備

root権限でVPSサーバーにダウンロードして、インストールの準備をします。
まず、WordPressを公式サイトからダウンロードします。
※下記の◯部分は、WordPressのバージョンによって違います。

[root@ ~]# wget http://ja.wordpress.org/wordpress-◯.◯.◯-ja.tar.gz

ダウンロードした、圧縮ファイルを解凍します。

[root@ ~]# tar zxvf wordpress-◯.◯.◯-ja.tar.gz

圧縮ファイルを解凍するとwordpressというディレクトリ(フォルダ)ができます。
このwordpressディレクトリの所有者とグループをapacheに変更します。

[root@ ~]# chown -R apache:apache wordpress

所有者とグループを変更したら、wordpressディレクトリの名前を変更します。
ここでは例として、blogという名前に変更します。

[root@ ~]# mv wordpress blog

blogディレクトリをウェブコンテンツの場所(/var/www/html/)に移動させます。

[root@ ~]# mv blog /var/www/html/

blogディレクトリに移動します。

[root@ ~]# cd /var/www/html/blog

WordPressの基本設定を行うwp-config.phpの編集を行います。
wp-config-sample.phpというPHPファイルをwp-config.phpという名前に変更します。

[root@ blog]# mv wp-config-sample.php wp-config.php

wp-config.phpの編集を開始します。

[root@ blog]# vi wp-config.php

上記の「1.WordPress用のデータベースとユーザー作成」で作成した、データベースを入力します。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here');

(↓データベース名を入力)

define('DB_NAME', 'wordpressDB');

同じく「1.WordPress用のデータベースとユーザー作成」で作成した、ユーザーを入力します。

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');

(↓ユーザー名を入力)

define('DB_USER', 'sakura');

次に、設定したデータベースのパスワードを入力します。

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

(↓パスワードを入力)

define('DB_PASSWORD', '設定したぱすわーど');

ここまでは、wp-config.php内の基本設定ですが、これよりセキュリティ設定を行います。
下記のハイライト部分(8行)を「ここ」で生成されるシークレットキーに置き換えてください。

 * 認証用ユニークキー
 *
 * それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
 * {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。
 * 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
 *
 * @since 2.6.0
 */
define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

次に、データベース内のテーブルプレフィックス(接頭辞)をデフォルト設定から任意のものに変更します。
ここでは例として、blogprefix_に変更します。

 * WordPress データベーステーブルの接頭辞
 *
 * それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
 * インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
 */
$table_prefix  = 'wp_';

(↓任意のプレフィックスに変更)

$table_prefix  = 'blogprefix_';

以上で、wp-config.phpの編集は終了です。:wqを入力して設定を保存します。

3.ブラウザからWordPressのインストール

上記の設定でWordPressをインストールする準備が整ったので、WordPressをインストールします。
ブラウザから”http://ドメイン名/blog/wp-admin/install.php”にアクセスしてください。
「サイト名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力して、「WordPressをインストール」ボタンをクリックしてください。
wordpressインストール画面

成功しました!というページが表示されれば、WordPressのインストール完了です。

【参考サイト】
ブログソフトウェア WordPress インストール
WordPressのセキュリティを徹底強化 | CSSPRO