2016.07.14

Postfixの送信メールキューを確認・削除する

エイリアス設定により、その設定されたメールアカウント宛に送られてきたメールは、別のメールアカウントのメールボックス、または別のメールアドレスに転送することができます。
先日、そのエイリアス設定を利用して、Gmailのメールアドレス宛にメール転送設定をしたところ、問題なくメール転送はできたのですが、下記のようなエラーがメールログに数回だけ残っていました。

Jul  7 00:01:59 example postfix/smtp[18525]: D627D72C30F: to=<転送先メールアドレス>, 
orig_to=<転送元メールアドレス>, relay=gmail-smtp-in.l.google.com[IPアドレス]:25, 
delay=1.8, delays=0/0.01/0.74/1, dsn=5.7.1, 
status=bounced (host gmail-smtp-in.l.google.com[IPアドレス] said: 550-5.7.1 [IPアドレス 3] 
Our system has detected that this message is 550-5.7.1 likely unsolicited mail. To reduce the amount of spam sent to Gmail, 550-5.7.1 this message has been blocked. Please visit 550 5.7.1
https://support.google.com/mail/answer/188131 for more information. h785324862185.135 - gsmtp (in reply to end of DATA command))

エラーメッセージの内容は、「Gmailのシステムが送信されてきたメールを確認したところスパムメールとして検出してブロックしました。詳細については、https://support.google.com/mail/answer/188131を見てください。」ということ。Googleの詳細ページを確認したところ、たしかに分かり易く理由が記載されていました。

エラー発生の原因

エイリアス設定により全てのメールをGmailに転送するよう設定しましたが、その転送されたメールの中にスパムメールが混ざっていて、Gmailがそのスパムメールをブロックしたことによりエラーが発生してしまいました。
通常であれば気にすることではないのですが、今回は自分が所有するメールサーバーから転送したメールがGmailにスパムメールとして判定されているため、送信メールキューに送信できなかった迷惑メールが溜まってしまい、そのままにしておくと再送処理をして再度エラーが発生してしまう可能性があります。
また、その状況が続いてしまうとGmailを管理しているGoogleにも「スパムメールを送信するメールサーバー(踏み台にされている)」と誤判定されてしまう可能性があるため、早急に送信メールキューが溜まっていないか確認し、溜まっている場合にはキューを削除する必要があります。

Postfixの送信メールキュー確認

まずは、下記のコマンドでメールキューに溜まっていないか確認します。

[root@ ~]# postqueue -p

メールキューが溜まっていない場合は、下記の表示がされます。

Mail queue is empty

メールキューが溜まっている場合は、そのメール情報が表示されます。

-Queue ID- --Size-- ----Arrival Time---- -Sender/Recipient-------
DAE7FA058F 864      Thu Jul  7 00:01:59  hoge@example.com
(connect to example.com[IPアドレス]:25: Operation timed out)
hoge@example.com
-- 7 Kbytes in 2 Requests.

それでは、溜まっている送信メールキューを削除します。
特定のメールキューを削除するには、下記のようにします。

[root@ ~]# postsuper -d [キューID]

キューIDは、postqueueコマンドで確認したときに表示された先頭の英数字のことです。
例として、上記のメールキューを削除するには、下記のようにします。

[root@ ~]# postsuper -d DAE7FA058F

すべてのメールキューを一括で削除するには、下記のようにします。

[root@ ~]# postsuper -d ALL

もしメールキューに溜まったメールを強制再送する場合は、下記のようにします。

[root@ ~]# postfix flush

以上が、Postfixの送信メールキューを確認・削除する方法です。

記事カテゴリー:Postfix